集客できている、という状態って一体何人なのか。

ビジネスしてると必ずついて回る
「集客」問題
たくさん集まってる写真を見ては
うらやむばかり

かといって
だーっと予約が殺到しても
さばききれずにクオリティを落としたり
ストレスになるようでは
何やってんのかわからない

「集客」ってひとくくりで言うけど
いったい何人集めると
「集客できた状態」になるのか

それは
集めたい人(主催側)のキャパによる

もちろん業種にもよるよね

4つのポイントに分けて、集めたい人数を考えてみよう。

会場のキャパ

パーティールーム、セミナールーム、自宅サロン、個室
それぞれの会場で伝える内容が変わってくるはず。もちろん予算も。

予算のキャパ

会場を借りるなら、それだけ会場費がかかってくるし
何回も開催するなら、その時間も「予算」のうち。

クオリティのキャパ

一斉に伝える内容なのか、それとも個別対応が必要なのか、マンツーマンなのか
一斉に伝えるなら、少人数セミナーじゃなくてもウェビナーでもいいはずだし
個別対応がウリなら、大人数集めると対応しきれない。

ココロのキャパ

自分のコミュニケーションスタイルによる、と言い換えられる。
大人数の前で話すのが苦手なのに、大人数集めると本来の力が発揮できないし
個別で対応したい人が、ウェビナーやると
伝わったかなという不安がついて回る。
大人数と少人数(マンツーマン)、ネットとリアル
どちらが伝える力を発揮できるのかを考えよう。


 

それによって「集めたい人数」を決めたら
外側からどうこう言われることじゃない
特に参加もしない外野からはね

広ければ、多ければいいかってそうでもない
少人数やマンツーマンの良さもある
一人ずつお受けするセッションだって
一日何人も受けているとキャパオーバーになるから

まずは
主催側の体力と気力・予算から考えよう。

集める人数・回数が決まったら
「集めるぞ!」と思った人数が集まったらそれで
集客は成功☆なのです。

dsc_3940.jpg

一人でも来てくれたら
それで
「集客できてる」ことになるんだよ(*^^*)

 

わたしの場合、リアルでお会いできるキャパは少ないけど

ネットで集めるキャパはまだまだ余裕があります(*^^*)

メルマガでしかお伝えしないハナシもあるので

まずはこちらへ登録を☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする