使いこなせないツールを売る業者と契約する前に。

ある程度の規模になってきた事業主様とお話していると

ツール業者からの営業で契約したものの
全く使えなくて放置している
という話をよく伺うんですね

a0002_012129

そのセールスがまた
うまい口調だなと

  • すごい実績があって
  • 隣の事業主さんも契約してくれて
  • 今ならモニター価格で使えて


実際稼動するまでの
サポートセンターがよくわからない
とか

もう
その業者に対して
怒りしか覚えませんが

Web周りのことって
特に女性は疎かったりするもので
「わからない」ことがわからなかったりするから
質問のしようがないんですね

HTMLとかCSSがいじれる女性って
専門家ぐらいしかいませんから

もう
「ツールを売る」ことしか考えてないって
どーなのよ!!(-_-;)って感じで

まぁこんな業者に
引っ掛からないためにも
相手が話すポイントを
押さえておくと
無駄な経費をかけないでよくなるかなと。

自分の顧客のことを考えてくれてるか

お客様のニーズに合っていて、かつ
ご自身が更新できないと
稼動すらできないですよね

弱いポイントを突かれてないか

変に専門用語を並べ立てて
「こんなのも知らないとヤバイ」と
思わせる感情を揺さぶられるセールスは
「買ってもらう」「契約を取り付ける」ことしか考えてなかったり。

解約やアフターフォローについての説明が曖昧、縛り期間が長い

6ヶ月、一年の縛りは
他への乗り換え防止のために
設定していると思っていいと思います。

で、万が一うっかり契約してしまったら

訪問販売なら
クーリングオフがききます。
消費者センターなどを使う手もありますね

あと
名刺をいただいたら
HPが存在するかを見たり
調べる手段はあります。

気持ちが揺らいだら
即決せずに
「必要な時はこちらから連絡します」
という勇気も必要ですね。

わたしも
ブログ・メルマガセットアップ電子書籍編集
サービス提供していますが

自分が使っていてよかったものを提供していることと、
市場のニーズ・トレンドに即した提案と
ご自身のサービス提供に専念できるポイントをお伝えし
クライアント様ができないところは、わたしが代わって作業して
「書くだけ」の状態までに持っていってます。

もちろん単発作業で、納品後の修正もききますので
安心してお任せいただけます。

わたしもそんなに
わかってるほうじゃないから
だからこそ、わかりやすく翻訳して
お応えできるのですよ♪

「なんかよくわからないセールスが来た!」と思ったら

まずはご相談くださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする