嫌だけどやらなきゃならない?お客様にとって「良い仕事」を提供する方法。

アメブロなら読者登録よ!
コメント残してコミュニケーションを取るのよ!

だって仕事だから

SEOを意識して記事を書くのよ!
日々アクセス解析を読み取って数字を分析するのよ!

だって仕事だから

ま、まぁ仕事っちゃ仕事ですがね

a1180_007508

そもそも、サービスにおける「仕事」っていうのは
「お客様の望む状態でお渡しできること」
「経営がうまく回っていること」
「まだ知らない人に知ってもらうこと」

こんな感じだと、わたしは思っているので

歯をくいしばって苦手なことをやらなきゃいけないとか
お金のためなら我慢するとか

っていうのは
お客様や周りから見てもわかるし
そういう空気って伝わるから
結果、「いい仕事」にはならなくなるし
買いたいとも思わなくなる。

「お客様の望む状態でお渡し」できるのなら
苦手な分野は、自分じゃない誰がやってもいいし
受動的、自然発生的に「なってしまう」状態をつくったり
人に手伝ってもらうことも大いにアリ。
企業様は、これがうまくできているから経営が回っているともいえる。

※もちろん、報告は必要です
丸投げしてトップが知らないってことのないように。
できなくても、「どういうことを頼んで」「どうやってもらったか」
という報連相は必須だと思いますよ♪

まぁ、苦手意識ってこともあるので
いちどは何も考えずにやってみる、のも大事だけど
貴重な時間、お金を払って得意な人に任せるのもいいじゃないの。

その分、得意なところに力を注げれば
もっと良いサービス提供ができるんじゃないかと、思うのです。

事業主様の向こう側に居る、お客様を見ながら
一緒に悩み、提案し、作業にかかわるお仕事をさせていただきます

あなたの苦手分野が、わたしの得意分野です(*^^*)
起業女子の裏方をまるっとサポート!梅舎美子のwebトータルプロデュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ