ちょっと教えて!クレクレちゃんの真の目的、および上手くつきあう方法。

個人ビジネスをやっているとなくならない
「クレクレ星人」問題(笑)

a0790_000751

(餌に群がるイメージ笑)

「タダで教えてもらおうとする奴は去れ!」という、攻撃的な記事もなくならないですが
クレクレちゃんって、本当にワルイヤツなんだろうか。。。
冷静に観察してみた結果、以下のことがわかりました。

話の共通点を必死で見つけて、場を盛り上げようとしている

ファーストコンタクトの際によく見られる傾向です。
「あ、こんな活動されてるんですね」のあと、「そうですか。。。」ではやっぱり寂しくて
何か話を盛り上げなくちゃ、そうだ、この活動のことについて聞いてみよう。
という、クレクレちゃんの気遣いが感じられます。

必要な時に思い出してくれている

そして、自分が困った時に「あ、そういえばあの人、あんなことをやってたな」
と思って、「聞いてみよう」となり
調べるよりも尋ねる能力のほうが勝っているのが、クレクレちゃんの特徴です。

お金を払う前に、そのサービスが本物なのか試したがっている

クレクレちゃんは非常にお金を大事にします。
浪費はせず、自分が「コレ!」と思ったものしかお金を払いません。
なので、本当にお金を払っても良いと思えるまで、何度も何度も石橋をたたきます。
そう、わたしたち提供者が試されている場面です。


 

そんなクレクレちゃんを上手に使うにはコレ☆

聞かれたことは公開で答える

クレクレちゃんとは契約も取引もない関係なので、個人的にお答えすることはせずに
「じゃぁ今度、ブログに書くから読んでね!」と交わすことで
ブログネタもできるし、クレクレちゃんも回答してもらえることで満足するでしょう。

早めにクロージングする

その場で答えると、「あ、無料で教えてくれるんだ」という学習能力が働きます。
そう、聞いたことが有料か無料なのかがわからない。
なので、「これ有料で提供してるんだ」ということと
有料にすると「アナタだけにしか提供しない」というお得になることを、教えてあげましょう。
そこで去っていくようなら、そんなに必要じゃないんでしょうね。

労働を提供してもらう

お金の絡まない行動力には長けているので
しっかりと、働いていただきましょう♪
モニターに付き合ってもらったり、ブログに書いてもらったり、タグ付けで紹介してもらったり
(「これで無料だよ!お得じゃない!?」とは絶対に言わないで!と釘を刺しておくことを忘れずに)
誰かを紹介してもらったりと
お金をいただく代わりのことを、たくさんやってもらえばいいのです(*^^*)

 

 

いきなり高額を払ってもらっても、何も成果を出さない浪費家さんよりも
実はクレクレちゃんのほうがカワイイんじゃないのか!?と思ったり(笑)
とはいえ、線引きするところはしっかり引いて
無料モニターだったりしてもしっかり成果を出してもらって
宣伝してもらえば、
のちのち良質のお客様を連れてきてくれるかもしれない。

 

無料の情報でじゅうぶん!というかたは
メルマガで紹介していますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする