「何かやらなきゃ病」から開放される方法。

やりたいことはなに?
どんなふうに生きていきたい?

という問いに
「あれやって、これやって…」と
思いを馳せてみて
「行動しなきゃ変わらない」と
自分を鼓舞して頑張ってみて

だんだん苦しくなる…orz
そんな経験だれもが
あるんじゃないのかな

image

わたしのところにも
「これがやりたいんです!力を貸してください!」と
意気込んで来られて
色々課題に取り組んでいるうちに
「わたしのやりたいことはこれじゃなかった」と
去っていく人を何人も見てきて

やりたいことを
テレビやネット、本の中から
キラキラしてそうな、見映えのいい何かをピックアップして
これが手に入れば、成功した自分になれる
と思うのかな

わたしも
一度や二度と言わないくらい
「こーいうのいんじゃない?」と薦められたことや
「なんかみんなやってるからよさそうだ」と
始めたことが続かない
なんて、よくある。

それって
ほんとにやりたいことじゃないんじゃない?
やりたいこと、って
誰かが持ってきてもらえることじゃない。

それは
自分の中からしか湧いてこない。
一般的に言われるセオリーに
沿わないことも
周りに言うとドン引きされることも
あるかも知れない。

少々
部屋が乱雑だろうが
ファッションや美容に興味がなかろうが
女捨ててると思われようが

わたしはぐーたら過ごしたい。笑

周りと同じようにできてない自分を
いちいち責めている暇はない。
あの人はたまたま、
キレイでおしゃれなだけだから
もしかしたら、わたしに持っていて
あの人にないこと、
いっぱいあるかも知れない。

とはいえ、やっぱり
人に何かを提供するとなると
差し上げるものは
洗練しておきたい。
それは人様のものになるからね

普段は部屋着から着替えなくても爆
人前に出るときぐらいは、こざっぱりとする
ぐらいでちょうどいいかも。

話がそれている笑

自分の中から、湧いてくる声を
大事にしてほしいな

働きたくないなら、労働を短く
高単価のものをつくる。
不労所得の仕組みを構築する。
通勤したくないなら、在宅でできる仕事を。
全国に行きたいなら、全国の人と繋がれるように。
地元活性化なら、地元の人とのパイプを強く。

ほんとにやりたいことを軸に動こう。

そんなアナタをプロデュースしています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ