ビジネスオーナーである自分にとっての「正解」を探す方法。

「これでいいですか?」
「これをやったほうがいいんでしょうか?」
「こうするのがいいんでしょうか?」

といった
正解を求める質問、
何度となくいただきます。
a1640_000342

えーとその前に
事前情報をたくさんいただかないと
お答えできないということがありましてね

・あなたの顧客の状況
・あなたのできる範囲
・どうしていきたいか
・どうなったら成功といえるのか(ゴール)

ここはわたしが触ることができない範囲なんですね

なぜなら
わたしが経営しているビジネスではないので。
ビジネスオーナー様は依頼者様だからです。

わたしが乗っ取るわけにいかないでしょ(´艸`*)

とはいっても。
意外と自分のやっていることに
関心がなさすぎるかたの多いこと。。。

ブログはアップしたらしっぱなし、
お客様がどこから来ているかわからない、
登録した読者のブログを読んでいない、
いただいたメッセージに返信はおろか目も通していない、
人のマネしているのが明らかで自分のカラーが出せていない

これで
お客様を大切にしていると言えますかね。。。

自分のアクションしたことの検証をするのって
当たり前だと思うんですが
まずはそこからですね。。。

なので
こういった質問が頻発してきたら
まずは「正解を求めることをやめる」クセをつけていただきます。

正解なんて実はどこにもなくて、
自分とお客様の中にしかないんですよね

いろいろやってみて、
見られているはずなのに成約に結びつかないとか
内容とずれた反応をされるとか
なら
相談に乗ります。

で、
やり方ならたいてい
ネットで検索したら出てきますので
まずはやってみること。

できないことは、無理にやらないこと。

何事も段階があります。

無理せずできる範囲で事業をおこなっていきましょ♪
今のビジネスに必要なツールを選定&サポート!webツールプロデュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする