無形のサービスを円滑に進める方法。

明日、面談が入りまして

image

初回にお伺いしたいことを
書面にまとめて
事前にお送りさせていただきました。

今まで作ってなかったのが
恐ろしく感じますが( ; ゜Д゜)

これまで口頭で聞いていたんですが
ついつい、その場でアドバイスしてしまい
コンサルになっちゃうんですよね

これではお互いによくないな…


契約書ができるまでの
契約期間や入金方法を書いた
申込書も作成しました

image

これにも理由がありまして

1年くらい前に、明日からスタート
という時に
入金ないな…と思って連絡したら
前日にドタキャン入ったことがありまして
それも起業女子業界の悪口をさんざん言われて
そんな世界に入るのはぞっとします
って

いやいやそれは
あなたの振るまい次第じゃないですかね
と思い
結構厳しい返信を送った記憶があります。

ここからがわたしの甘かったところで

キャンセルポリシーを設けてなかったんですね

主催セミナーには
キャンセルポリシーを設けていたのですが
自分のサービスは緩かったという
なんとも甘い経営をしておりました。

当時は今よりずっと安い報酬でしたが
それでも、入金に穴が開くのって
痛いですよ…

とはいえ
自分が設定してなかった責任
どこにも言うて行くところはなく( ̄▽ ̄;)

面倒見が良すぎるところは
わたしの特性でもあり
ウィークポイント

二黒土星、誕生数秘6なわたし
そことはどうにも
サヨナラできないので

もう一つの特性
真面目で堅実
というのを前面に出していこうと
思っています。

書面を作るのは
ワードでちゃちゃっと書いて
PDFに落とすだけなので

PDFで書面が送られてきたら
姿勢が正されるでしょ

無形のサービスで満足感を得ていただくのと
あとあとのことを考えて
できるだけ、書面を作成していきます。

仕事だからね(*^^*)

それでも、滞る案件については
これ以上関わることができないことがあります
契約書通りに進めていきますので。

出るとこ出ないようにするためにも
お互いの信頼関係を
記録しておくことって大事ですね。

真面目なかたなら、何ら心配いりません
むしろ書面があることで
伝え忘れ・聞き漏れが防げます。

初回ヒアリングは無料です
ヒアリングシートをゲットするにはこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする