ドタキャンがあったときに見直すべきこと。

立て続けに
「ドタキャンで連絡がとれない」「入金ナシでバックレる」という記事を見てしまい

何かを運営していると
色んな人が来るので
一部そういう人が来てしまうのも仕方がないこと

とはいえ
内容が内容なら
ちょっとどーゆーこと!?ってなる

特に
BtoBのお仕事の際にはね
image

お相手の事業主さんに
信用がなくなるどころか
今後一切の取引がしにくくなる

そのあたりも考えて
こゆことされてるのかどうかは
わからないけど

キャンセルするのは事情があるにせよ
取引していて報連相ができないということは
優先順位が低い
大事にされてない

要は
バカにされている
っていうことですよ

そんな状態で
次に平気な顔して申込されて
へらへらして請けてはいけないとおもうのです
ましてやこちらから頭を下げたり連絡を何回もするのでもなく。

「謝りたいから会ってください」
というのにも応じていません(キッパリ)

それは
「自分のサービスの価値を自ら下げる行為」
だから。

キャンセルポリシーや
契約内容って

お客様をぎゅうぎゅうに縛りあげるものではなくて

お客様との信頼関係を築き
大事な大事な自分の提供するサービスを護るもの
ですよね

ひとしきり怒りを感じて味わったら
自身のサービスをもう一度整えて

もっといい人に出逢えるように、ね(*^^*)

「誰に何を提供するのか」は
事業をやっている限り
ずっとずっとずーーーっと考えないといけないことだね

わたしもずーっと考えてるよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする