リアルで活動していても、ブログやwebサイトが必要なワケ

前回、ネット集客が苦手なら
リアル活動でいいというハナシを書きました
地方はリアルでも活動できる!SNS以外で集客・販売する方法。

けどやっぱり
Webに何かしらあるのとないのとでは
信用に差が出てきます。

というのは例えば
交流会やどなたかの紹介でご縁があった時

名刺交換してそれっきり
にはまずならないですよね
(なる場合はそれなりの理由があるはずです)

続けて交流したいなと思う人なら
最近ならほとんど
Facebookで繋がって
その後も交流したいと思うはず。

Facebookをやっていなくても
もしその人に興味があるのなら
名前で検索されたりします。

その時の検索結果で
人となりを見ようとするんですね

また、
検索結果がwebサイトだけではなく
AmazonやYouTube、Twitter、Instagramなど
幅が広いと
「多岐にわたって活動しているな」と見られます。

Webサイトも
「何年前に更新した?」と思われるぐらい古い情報や
明らかに自分の言葉ではない文章や写真だったりすると

リアルとのギャップが生まれます。

旧い情報も
更新日時まで閲覧者は見ていないことが多く
逆に信じ込まれたりするもので
募集していない告知は早めに取り下げるなり、
募集終了をあげておかないとね
(わたしも1年前のセミナー告知に申し込みが入ったりして
焦ったことあります(;^ω^))

ネットの情報も「その人を現すもの」
名刺と同じぐらい大事にしたいですよね。

13406965_953300418101912_4932168299592496734_n

このぐらいインパクトがあると
「どうなんだろう?」とネットで評判を調べたりしますよね笑

今じゃ隣の八百屋さんも
Facebookページを持つ時代

「自分を現すもの」を
つくりこんでいきませんか。

別にキレイにまとまってなくても
個性が現せていればいいんじゃないのかな
とおもうのです。

Webプロデュースは
パソコンの先生ではありません!(キッパリ
使い方はググればいくらでも出てきます
伝えたいことがわかりやすく伝わるための表現方法、
集客から販売までの導線を整えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする