もう怯えない!お品のよろしくないお客様を応対する方法。

女性がひとりで事業や仕事を請け負っているとなると
何かしら、ナメられる場面に出くわすことも
あるかもしれません。
「ターゲット層が女性専用だから安心」かというと
必ずそうともいえず、
力で乗り切るほど体力や精神力を
持ち合わせていないことも。

かつてサラリーマン時代、
非常に言葉遣いの乱れた男性たち(笑)に
揉まれて仕事をしていたり、
「要注意」と社内通知が出るほどの顧客様を人も対応してきて
まー数々の揉め事経験を積み(もう時効なはず)
その中で培ってきた
「最適な対応方法」が
何となく見つかったので
要点まとめてシェアしてみます。

挨拶は明るく元気良く

小さい声でボソボソ、ジロジロ遠巻きに見ていると
「あぁん?」となります(  ̄▽ ̄)
とにかくオロオロせず、堂々と。

言われた事を正したい時は、否定形の接続語を使わない

「いえ」「でも」という言葉で返事することは
地雷を踏みます。
それは明らかに違う、ということでも
「あ、これはですね」「あぁ、こちらですね」という言葉から始めて
丁寧に説明するようにしましょう。

合っていることはオーバーリアクションで相槌を打つ

「そうです!」「そのとおり!」と満面の笑みで同意することで
味方感を存分にかもし出します。

少額の損失をけちらない

「えぇやないかこのぐらい」という無理を言われたら、
もし理にかなっていなくても、お金で解決できそうなら
損失することも経費のうち。
ここをけちって、我がの理を通して
相手の思い通りにいかないほうが
周りにも影響が及ぶので
かえって大きな損失となります。

男性の影を常に持っておく

女性にヲラつく人は、男性が出てくるだけで
黙る場合もあります。
既婚者ならご主人の存在を、
独身なら男性コミュニティに出入りしているプロモを。

それでも手に負えない場合は、然るべきところに相談を

「訴えてやる!」「出るとこ出てもえんぞ!」と息巻いていながら
法律が正確にわかっているかというとそうでもなくて
「では内容証明を」と言うだけで
大人しくなったり。
それなりな言葉を並べておけば無理が通るだろう
というのが目に見えていますね
ここまできたら、脅しに片足突っ込むようになるので
然るべきところが介入できます。
ちなみに
店頭で机を叩くと「器物損壊」
「コロスゾ」とか「シネ」とか言われたら「殺人予告」になるので
日時と行為は、しっかり記録を。

まぁ
こんなことがないのがいちばん平和でいいんですけどね…

もし何か「ヤバイぞ」と思っても
オロオロするのが相手の思う壺。
堂々と明るく元気良く、振る舞いましょ♪
笑顔でいると相手の表情も和らいできますよ(*^^*)

そして
表の仕事でメンタルやられて寝込んでも
収入が途絶えないようにしておくのが
個人事業主としてやっとかないといけないこと。

顔出しNGでも引きこもりでも
稼げる情報はメルマガで時々紹介しています。
気になるかたは登録しておいてね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする