コンサルを選ぶ基準とは?失敗しない師匠の選び方

ビジネス促進において
コンサルをつけたほうがいいのかなと思いつつ
幾度となく人選に失敗してきて成果が出ない、資金回収もできていない、、
というかたへ
こんな基準でコンサルを選んでみてはいかがでしょう。
というのを
ざらっと挙げてみました。

a0002_005492

コンサルを選ぶ基準とはズバリ?

  • 自分が望む未来をすでに歩いているか
    自分が何を目的としているかをまず明確にする
    それを実現している人(実績がある)かどうか
  • 自分に合う属性かどうか
    男性・女性
    未婚・既婚
    年齢(差)
    距離感(物理的・心理的)
  • コンサルメニューの条件
    期間、長い・短い
    料金システム
    無料部分から手厚いか(すぐに営業かけられないか)
  • 人柄
    質問の仕方・回答の返り方
    コミュニケーションがとりやすい相手か
    共通言語の多さ
    ペース配分
    成果の出る厳しさの程度
    ひとくくりに、好きかどうか

 

逆に、コンサルを選ぶ基準に入れるとNGなのは?

  • 肩書き(本人がネーミングしたものが多いから盛っている可能性あり)
  • 評判・レビュー・感想(人の成果もあてにならない)
  • 身近な人がたくさん受けている(周りにまどわされる)

a0001_012916

キラキラもほどほどに。笑

結局は
自分の目を信じろ。なんですがw

これまでは
基準外のところばかりに目が奪われてて
結構失敗してきた、、こと多々。。。笑

行動しないと成果はどうしても出ないので
行動に結びつかない人につくと、もったいないです。はい。

そうおもうと
ええコンサルつけたなぁと(*ˊ˘ˋ*)♪
※ま、わたしが落ちたというか拾われたというかw
表に出ない人を
よく見つけたと思います。

2016-12-11_01h46_54

真面目にやってたら成果急上昇
ということも起こる。

まだ始めたばっかりなので
これといった成果がもっと先だと思ってて
(プチ成果は幾度となく訪れてますが)

2016-12-11_21h40_29

こんなとかね。
安定期に入ったら、改めて紹介します
いま下手に紹介してわやくられるの嫌なのだ。w

習得していったことはまた
追ってブログでアウトプットしていきますね

こんな感じで
自分にあったコンサルを見つけてみてくださいね♡

ほんとにすごい人は表になんか出てきやしないので
時々わたしがメルマガで紹介している人の中から
選んでみるのもアリかもしれません。

気になったら登録してね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする