パクリサイトはこう見破れ!ミラー記事の特徴と傾向について

パクリサイトはこう見破れ!ミラー記事の特徴と傾向について

サイト運営をやっているかたにとって、影響が出てくると起こってくるのが記事をパクられる問題。

わたしも別サイトの運営をやっていて、ついにきましたよ。。。自分の記事がよそのサイトで知らない間に載っているというね。

なんだよコノヤロー!と不服申し立てもやりましたが(笑)

記事をパクってサイトを成立させようとする運営者の特徴が見えてきたので、シェアしておきますね。

 

無断転載を禁止する注意書きがある

自分のやっていることが無断転載にもかかわらず、人がパクることに関しては厳しいという(笑)

「当サイトの無断転載を固く禁じます」っていう注意書きがあるんですね

サイトに書かれている禁止事項

もうツッコミどころ満載じゃないですかwww

他にもプライバシーポリシーなどの注意書きも多いです。

大した影響力のないサイトなのにね。(乙)

かなりビビッている感じを受けます。

 

アイキャッチ画像が設定されていない

記事一覧には画像が出てきますが、記事の1枚目の画像がアイキャッチになっていることが多いです。

ということは、自分で記事を書いておらず、自動で転載されている可能性があります。

自分でアイキャッチを設定していないので、とんでもない絵文字などが記事一覧にでかでかと出てきたり。。。ww

コンセプトすらもありませんから(猿真似ですから)統制の取れていない記事が羅列されているだけです。

ちなみに、うちの運営サイトではふきだしプラグインを設定しているのですが

パクられた記事にはもちろんプラグインが入っていなかったようで、キャラアイコンがでかく出てきました(笑)

パクリサイトで表示されたアイコン

だっさ。www

無駄に広告がでかい

パクリサイトは自分が稼ぐことしか考えていません。

読者目線に立っていないので、開いたとたんに広告がでかでかと出る、記事よりも広告が目立つ

という迷惑なページになっています。

サイトの迷惑な広告表示

でかく出る割には、必要なところでクリックされるような配置にもなっておらず

最初の広告を閉じられたり、サイドバーにあるだけでクリックされないという悲劇が起きます。

そんなんじゃぁ稼げねぇよーーー

 

もしこういったサイトを見かけたら、確認のために一度検索をかけてみると

親サイトが見つかることがあります。

まぁパクリな時点で検索にも上がらない弱々サイトでしょうけどww

そしてパクリサイトには稼がせないように極力見ない!これに限ります

そのうち稼げないので自爆していることでしょう。。。

 

そして、ご自身のサイトがパクられた時にはそっとGoogle先生に通報しましょう。

著作権侵害の報告: ウェブ検索

画像を差し替えたり、直接サイト主に申し立てたりする報復をするかたもいらっしゃいますが

大半はなしのつぶてなのと、その都度パクリサイトを訪問することになるため

結局自分がそっちのアクセスを上げているということになりますので

申し立てすれば、あとは静かに燃え尽きるのを待つだけです。

しばらくすれば、なかったことになります。

 

現在も内心あまり穏やかではありませんが、静かに見守りたいと思います。。。

 

また違うことを仕掛けようとしていますが

細々と活動は続けておりますのでご心配なくです(笑)

【スポンサードリンク】

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

テキストのコピーはできません。