ネットに写真掲載NGな人への取扱方法と配慮。

お茶会や講座を開催して
集合写真を撮ったあと。

a0001_012517

顔出しNGなかたを
キラキラやハートのスタンプで消して
掲載してるのをよく見かける。

「お顔を潰す」

というイメージで
見ていてもあんまり
いい感じがしないのは
わたしだけかな

それともどこかで習ったことや
先輩や周りがやってるから
そのまま採用してるとか?

実際に該当するかたが
SNSでその写真を目にした時や
その友達が服装で本人だとわかってしまった時

「お顔を潰されている」
というのは
どう思うだろうか

↑自由に考えてみて。

それでもオッケー!
その人も喜んでくれる!

なら
採用すればいいよ

わたしは見ているのも辛くなるし
実際やってみて心苦しかったから
今はやらない

わたしが主催する時は
こんな感じね

カメラが入ることは
会が始まる時に伝えておく

(メンバー見て
いつも顔出ししてる人なら
暗黙の了解もあったりする)

写真を出してほしい!
という場合もあるからね

講座風景はだいたい後ろから撮る

image

前から撮る時は遠めに

image

ワークちゅうの下を向いてるところを狙ったり

image

集合写真は
NGなかたを入れてまず一枚
(それは掲載せずに個別に送る)
そして
本人が入っていないのを一枚撮って
それを採用する

image

もちろん
楽しそうな様子や
笑ってる顔を出しての
プロモーションはアリだと思うよ

けど
「あんなふうに晒されるのに抵抗がある」人もいるわけ

受けに来てること自体を
知られたくない場合もあるね

それを

「お顔を潰す」


済ましていないか
よく考えてみて。

わたし自身が人見知りなので
人見知りさんにも安心な
場を提供するように
つとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ