起業志望者が会社員時代に組織の中でやるべき事とは?

起業するために
会社勤めやパートと併用して
活動しているかたも
多いと思います。

わたしも会社勤めしながら
活動してました。

会社が嫌だから
給料が少ないから
やりたいことじゃないから


いきなり辞めちゃうのは
めちゃくちゃ危険。

かといって
ダラダラと出勤して
使われるだけのスタッフでいるのも
もったいない。

会社って
いちばん身近に経営が学べる場
じゃないのかな

a0002_011034

しかも
内部にいながら
お給料も出つつ
ビジネスで必要なスキルを身につけ
社外研修も会社負担で受けられたりする。

もちろん日々の業務をやりつつ

こういうところを見る目を養うといいんじゃないかな

どんなお客様が来ているか
繁忙期・閑散期に何を取り組んでいるか
社外取引先の関係はどうか
売上予算と実際の稼働率はどうか
社内のコミュニケーションはとれているか
現場の声は反映されているか
同業社をどんな目線で見ているか

などなど…

実際に社内で決算書などの数字も見るだろうし
(もちろん社外持ち出し禁なので
ブログには書いちゃダメよ!)

わからなくても、理解できなくてもとにかく目を通す。

数字を見たり会議に出席することが
実際になくても
会社のおっちゃんと立ち話したり
懇親会に出席してみて
愚痴からヒントをもらうこともある。

それを自分の活動に反映させてみる。
自分だったらどういう経営をしようか
どんな取引先と仕事をしようか
忙しい時に何ができるのか。

もし
ビジネスを学んでいるのであれば

いま勤めている会社に置き換えて
そこで実践してみる。

適正価格って何なのか
会社は適正価格を出しているか
お客様のニーズに応える体制はできているか
経費は適正なところにかけられているか
目標の売上はどうか。

そんなこんなを擦り合わせてたら

本業がうまくいく場合もある。
そして
会社からうっとおしがられる場合もある。笑

だから
どちらかを辞める流れになる時は自然に来るから
無理に決めなくて、慌てなくて全然いいと思います。

今置かれている場所を
最大限有効に生かしてね♪

副業情報も随時配信中⇓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする