個人事業のアウトソーシング・苦手なことはその道のプロに頼む

個人でお仕事をするなら、まずは
何でも一人でやる、と決めて動くことが大事になります。

「これしかやりたくない」のであれば
その専門職をさせてもらえる会社に就職したほうがいいと思います。

これ、
どっちがいい悪いってことではなく

会社組織って
それぞれがそれぞれの得意なことを持ち寄って成り立っているので
そこをうまく使わない手はないですよね(≧▽≦)

わたしはですね
けっこうゼネラリストらしく(笑)
広く浅く中途半端にできちゃいます。
器用貧乏ともいう(爆)

なので
なんとなーく回っちゃうんですけど

自分を売り出す時には
何か突出したものが必要となってきますよね!

このジレンマ(;^ω^)

話を戻して。
ある程度売上が立ってきて手が回らなくなったら
サービス提供と売り上げに直結しない作業は
外注する、と言われていますよね

事務管理とか、読者登録代行とかそうですよね。

a0002_010998

これねー
わたし、できてしまうんです。。。

事務を外注に出すことも一瞬考えたんですが
指示を出すより自分がやったほうが早い、と判断して
今は全部自分でやってます。

苦手なのは、表に立つこと。
※なので現在は裏方として作業しています。

あとはデザイン。
必要なものはお願いしたりしています。
名刺とか、プロフィール写真とかね。

よく「他力を使え」と言われますが
「その道のプロを信用して依頼する」という意味です。
※人を駒のように使うのは会社で居た時だけで充分です※

自分も効率がよく、かつ
お仕事を依頼して喜ばれる
っていいですね(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ