セミナー受講後の課題どうこなす?コンサル提案ができないとどうなるか

セミナーやコンサルを受けて

新しい知識を学んだり
よりよくなるために提案をされて

新たに行動するための
具体化されたことを

「宿題」と呼んで
取り組んでいる場面に
出くわすことも多いんだけど

a0002_011007

その「宿題」が
誰のためにやっているのか
もう一度考えてみよう

講師やコンサルは
提案したあと
ほぼ覚えてないし
出来ても出来てなくても
どっちでもいいと思ってる

自身の活動には
何ら影響がない。

もちろん
「あの時のおかげで」と言ってもらうのは
ものすごく嬉しい
でも
それがなかったからと言って
悲しいわけでもない。

大事なことなので何回も言うよ

「あなたがよりよくなるために
その提案をしている」

だから
できなければ

受けた本人に結果が出ないだけ。
先伸ばしにすればするほど
それが遅れていくだけ。
嫌々取り組めば取り組むほど
結果が出にくくなるだけ。

だから
結果を出すのはいつでもいんだよ
5年後でも
10年後でも

そのぶん状況は変わってくるけどね

ともするとわたし
ドタキャンや遅刻すら
あんまり思わないかも

その人に必要がなくなったからだし
遅刻するとその分の時間を
自身が放棄しただけ

終了時間は守ります笑

要は
自己責任において
取り組んでね、ってこと

いつも言うけど
「わたしのために」課題をこなされても
何ら嬉しくない
むしろごめんね、と思う

最初に戻るけど
「何のために宿題をやるのか」

よーく考えてみよう。

せっかくやるなら
難しいことでも
楽しんでやったほうが楽しいよ♪

人生すべてネタだから!笑

あわせて読みたいアメブロ記事

誰のために謝る?

答えは相手が持ってるわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ