商品づくりの基本・代行業からビジネスが始まるその理由とは

以前、講座仲間の琉海ちゃんと話してた時に
琉「こーゆーの作りたいねんけどな~」
梅「そやな、でもめんどくさいんよな…」
琉「そうなんよ、でもそのめんどくさいことってお金になるんよなー」

って
ハッとしたのだ

その前に遡ると
わたしがやりたいことを
つらつらと話してた時に
「うめちゃんの話は、カネの匂いがしないんだよな…」
って
図星ではあるけれど、それがなんなのかがわからず。

「めんどくさいことがお金になる」
これがストンと入ってきた。

琉海ちゃんの記事⇒ビジネスは代行業

人は何にお金を払いたいかといえば
問題解決。

ワクワクすることにお金を払うのも
ワクワクしたいという「問題を解決する」ことにお金を払う。

人生の時間を有効に使うために
得てして「時間をお金で買う」ことは
日常的にやっている。

12366969_856650047766950_1729459774_n

ごはんをする時間がなくて食事を外注している(笑)

移動するために
歩いていくとコストナシだけど
時間と体力を使う。
交通機関を使うと
交通費が必要になる。

悩みを解決するのも
一人で悩んで道を見つけると
コストナシだけど時間とココロをすり減らす
誰かのサポートを受けて
悩む時間を短縮できる。

PC作業やセットアップをするのも
自力でやればコストナシだけど時間と頭を使う
やってもらうことで
他のことに時間を費やすことができる。

買いたいものを探すのに
何軒も探し回ると一円でも安いものを
ゲットできるが
時間と体力が必要。
欲しい商品をネットで探せば
検索ですぐに見つかるが
送料が必要。

そうやって周りを見てみると
「問題解決」と「自分の貴重な時間」に
お金を払っていることに気づく

そして
自分の難なくできることが
誰かの「めんどくさいこと」に
なっていることに気がつければ
あとは商品化するだけ。

意外とあるもんだよ
自分の武器はそれぞれもうすでに
持っているからね

「こうしたらいいのに…」と思っていることや
「なんでこんな当たり前のことを
みんなやらないんだろう…」と
周りがなかなかやらないことを

やってあげたり
教えてあげたり
紹介したりして

その報酬をもらうだけ

カンタンだよね

自分のやりたいことを
応援してもらいたかったら
それはお金をいただくのではなく
お支払いするところ。

だいたい、紹介してもらおうと思ったら
広告宣伝費が必要なんだから

自己実現にはお金を払いましょう。

 

 

わたしも「それできるよ!やるよ!」と言うと
「おいくらですか?」と聞かれることが多くなってきたので

固定価格をつけず、都度お見積で柔軟に対応しています。

現在提供中の事業はこちらです

メルマガでは「あなたのめんどくさい・ややこしいことを教えて!」という

無記名アンケートフォームを設置しています

ブログかメルマガでお答えしていますので

気になることがあれば、登録しておいてくださいね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする