全体の流れを掴んで、やるべき選択をしていく。

何かの仕事を始めた頃ってまず
「何からやったらいいかわからない」
のは当たり前

image

指導者の指示を仰ぐのも
その人がいないと何もできない
のでは仕事にならない

「やったことない」「意味不明」なことも
いつかは自分に回ってくるかも知れない
その時にできるようになるよう
しっかり見ておいたり

最初はわけがわからなくて
言われたことも理解できないまま
「何しょん!」とか
「最初それで合ってた?」とか
「適当にしとったらえんやが」とか
逆に「そこはいかんやろ」とか

間反対な忠告にも
「どうしたらえぇんや」と
戸惑いながらも
自分がどうするかを選択していく。

説明だけではわけがわからなかったことも
自分ひとりでやってみて
説明で聞いたことを反芻して
やっと
自分のものになる。

周りが見えてくると
やっと
気を配れるようになり
自分から仕事を取ることができる。

会社なら
指導係がついてくれたり
周りの先輩が言ってくれたりと
有難いんだけど

自営になるとその
「指導を仰ぐ」のも自分が雇わないといけなくて
周りの先輩もそれぞれ業種や地域が違うから
言われることもまちまち

でも
流れを掴んで、自分のものにしないと
自分の事業ってできなくて。
ただ繰り返して慣れていく
しかないんだろな

なので
稼いでいる人、売れている人は
これに慣れているだけ
ルーティンにしたらまた一から築きあげたりで
構築の仕方を一回やるのも
二回三回やるのも変わらない

だから
会社を何社も持ったり
潰れてもまた復活できるのは
そのぶんの体力と学習能力がついただけ

始めてすぐにできるとか
いう人はほんとに稀なこと
われわれ一般人は
とにかく慣れていくしかない
んじゃないかな

「こうしたらいい」というのを
とにかく片っ端からやってみて
そこから淘汰していけばいい

何の保障もないのをわかって
この世界に来たんだから
それを楽しまなくてどうする。笑

素直に行動するのが
いちばん伸びる、ってのは
どこへ行っても、何をやっても同じ

口だけが立つようなオバハンには
なりたくないといつも思うね♪

1月スタートで一緒に頑張る
パートナーを募集しています☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする