セミナー中に参考文献や人物紹介があったら。

セミナーを受けている時間に
講師からこういったことを
聞いたりしませんか

o0640048013512461984

・この件については○○という本に書いています
・このサイトに行くと、この件について調べることができます
・この業界については○○さんが第一人者です

自分が知らない人やアイテム、サイトが出てきて
メモして後で調べてみよう、と思っても忘れていたり
わからないからそのままスルーしたり?

せっかく紹介してもらっているのに
もったいないな、と思って

わたしなら

受講中に
その場で携帯の検索窓から
調べています。

a0002_011830

講師の話していることが
その場でわかり
情報が2倍以上になって入ってきます。
質問するにも突っ込んだ内容を聞くことができるし。

プロジェクターでサイトを説明してもらってる時も
同じサイトを検索して一緒に見たり

小さい字も手元で見られるから
より理解できるし

サイトは時に
生きた教科書のようになりますね。

参考文献なら
Amazonや楽天ブックスで
お気に入りに入れたり
(もっと行動の速い人なら即購入していることも)

話が追い付かない鴇は
Facebookの「自分のみ投稿」を使って
リンクをシェアして貯めていって
後で読んだり
↑講義中メモを忘れた場合にも使えます

セミナー中にわたしが
やたら携帯触ってるな、という時は
こんなことしてるのでした。

もちろん
リアルレポをアップしたり
することもあるけどね(^w^)

即行動は「帰ってから」「明日から」
でもかまわないけど
行動の第一歩「そのことについて調べてみる」というのは
その場でできるよね。

「あの人にコンタクトとってみて」
とか個別指導が入った場合は
その場でメッセを送ったり

人物紹介があったら
その場でFacebookの友達申請したり

で投稿に
リアルレポがあがっていたら
タイムラインを読んでもらう時に
繋がりがわかるので
承認率も上がる。

メモして帰っても
だいたい
その日じゅうに調べたり登録したり
やってしまいます。

考えていたり後回しにすると
だんだん動けなくなるからね♪

そして
できる講師ほど
紹介が多いな、と感じます。
わたしもまだまだ知らないことがいっぱい。

逃げたり手抜きしたり、ってことではなく
それだけ認知や人脈もあり
世界が広いってことなのだろうな。

わたしもコンサル中はどんどん人やモノを紹介していますよ
「友達申請していいですか?」「読者登録したほうがいいですか?」「買ったほうがいいですか?」
と許可を得なくていいので笑
名前が出た時点で
どんどんやっていきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする