「人柄」と「可能性」を売るオンナ。

改めて
「わたし何を売ってるんや?」と
考えてみる

image

コンテンツとか
ノウハウとか
マインドとか
便宜上使っているだけで
実はどーでもよかったりする

コンテンツをもともと捨てての
起業だったから
人の商品を売ったり
人の紹介をしたりして
手数料で生活してる

コンテンツを持ってる
スペシャリストを見ては
羨ましかった
わたしには何もない、って

けど
今この場にないもの
まだ導入されて浅いもので
面白そうなことを
いち早く見つけて来れる

「みてみてー!あたらしいおもちゃをみつけたよー!いっしょにあそぼーよ!」

もうほんと
これだけが原動力

「スゲーなこれ」
「なかなかやるな」
というつぶやきを
幾度となくしてるとおもう

主催でお呼びする講師も
コンテンツよりも
その人そのものを知ってほしくて
紹介してる

その人の生きざまとか
考え方とか
を伝えたくて。

ただコンテンツ重視でみると
色々擦り合わせるところも出てくるので
むずかしくなるんだけど

まだまだ紹介しきれてない
素敵な人をいっぱい知ってるんだけどね

ニーズも聞いたりするけど
聞きすぎると身動きとれなくなるね
そこには「過去」しかなかったりするから

わたしが見ているのは
いつも「その先にある可能性」
いやー絶対楽しいはずだって!
ってね

でも
新しいことを始めるのは
なかなか難しいことらしい
わたしにはわからない世界

だから
そこを先に歩いて
手を鋤けてあげるのが
わたしの仕事なんじゃないか

渡り板を渡して
船から降りて向こう岸に行くように
(実際この場面て怖いよね…笑)

怖くて渡れなかったら
わたしが先に渡って
手を鋤けるから大丈夫。

色んな世界
色んな可能性
色んな人

提供していきますよ♪

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする